ANIZOについて

 2005年、最初のANIZOが私たちの先輩方の手によって開催されました。「東京造形大学の学生が作るアニメーションを学外の方にも見ていただく」という目的のもと、学生主体で企画・運営が行われました。上映する作品はもちろん全て東京造形大学の学生によるものでした。

これ以降、「ANIZO」は年に一度の恒例イベントとなりました。その名称と精神を受け継いで、本年は私たちが第10回目を開催いたします。

第1回目開催当時と変わらず、学生主体による企画・運営で学生アニメーションを上映いたします。それぞれの作者が、ぞれぞれの動機・情熱で制作したので、多様なジャンルの作品が集まりました。

私たちの上映で皆さまを少しでもワクワクさせることができたら幸いです。
ご来場を心よりお待ち申し上げております。

ANIZO 2014スタッフ代表 アニメーション専攻領域 3年 杉浦 望

メインビジュアル:アニメーション専攻領域 3年 後藤 亜香音
 

PAGE TOP